« もちつき屋の「粟餅ぜんざい」 | トップページ | 永観堂の見返り阿弥陀。 »

2008年1月28日 (月)

冬の特別公開、東寺。

東寺の五重塔って写真に撮りにくい。

朝から雪がちらついていた。9:00から五重塔の初層内部が公開されるので、急いで出かけた。新都ホテルからは歩いていけるし。並んでいたらどうしようと思ったが、東寺はとても静かだった。入り口で拝観料を払うときに「これで五重塔も見れるのですか?」と聞いたら「はい」ととても男前の青年が答えた。へぇ、太っ腹なんだね。この間来たときはちょっと開いていた扉から中をのぞこうとしたら閉められちゃったのに。

ボランティアの人なのか何人か集まると内部の説明をしてくれた。普段非公開のせいか仏像はきれい。中でも阿弥陀如来はお顔立ちも美しい。この五重塔はお墓なんですよという説明にそうなんだ。。。と。心柱が乾燥で収縮しないため、300年前に50cmも切られたという話は興味深かった。急いで大好きな帝釈天にお目にかかって、もう一つの特別公開の灌頂院を探した。でも東寺のくくりの外にあって探すのに時間がかかってしまった。ここでは学生ボランティアが説明をしてくれた。風邪をひいているのか、ときどき「すみません」と言いながら鼻をすすっていた。寒いもんね、京都のお寺って。ここで両界曼荼羅を見た。絹に描かれているんだって。

東寺の外に鳥がいた。ちょっとこの辺にはいない鳥だった。鳥も雅な感じがするのは気のせいだろうか。

« もちつき屋の「粟餅ぜんざい」 | トップページ | 永観堂の見返り阿弥陀。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の特別公開、東寺。:

« もちつき屋の「粟餅ぜんざい」 | トップページ | 永観堂の見返り阿弥陀。 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング