« e’La141でランチ。 | トップページ | むかしながらのりんごバターどら焼き。 »

2008年6月29日 (日)

NHKhi「山下清が愛したニッポン」

今日は結構激しい雨だったので、TVのチャンネルを回していたら、NHKhiでアンコール特集をやっていた。その中に今年3月24日に放送した「山下清が愛したニッポン」という番組があった。山下清の残した絵とその絵の舞台になった場所を紹介し、そこで山下清と交流した人たちの証言でまとめられた番組だった。

山下清は知的障害があったと言われている。もしかすると記憶の仕方から自閉症だったのではないかとも。山下清は放浪の旅の途中で絵を描いたことはほとんどなく、ずっと暮らしていた学園に戻ってから記憶にある風景を描いていたと言われている。私たちはことばや文字を獲得し、それに頼ることによって山下清のように画像として風景を記憶する能力が欠けてしまっているらしいのだ。

「風景を見た通りに描くと写真と同じだと言われるので、私は風景を見ながらこの風景の特徴は何ですかと人に聞いてみることにした。そうすると人によって違うことを言うので、自分の好きなことだけ覚えていて、それを描くことにしている」と山下清は言ったらしい。実際に会った人たちがまだ生きていて、その記憶を語っているのがすごくよかった。

私も子どものときに山下清に会ったことがある(山下清は1971年に49才で亡くなっている)。番組によるとその頃はもう放浪はやめていたらしく、私が会ったのも展覧会場だった。ただ黙って何枚も何枚もサインをしていた。サインといってもポストカードになった自分の絵の横に「山下清」と書いているだけだったけど。大事に持っていたんだったけど、どこかにあるかな。

« e’La141でランチ。 | トップページ | むかしながらのりんごバターどら焼き。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKhi「山下清が愛したニッポン」:

« e’La141でランチ。 | トップページ | むかしながらのりんごバターどら焼き。 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング