« 第82回大曲全国花火競技大会(3)。 | トップページ | 米沢松島屋のお菓子。 »

2008年8月26日 (火)

元祖牛肉弁当。

多分これです、昔から食べていた牛肉弁当は。値段も¥710と手頃だし。もうすぐ健康診断だからダイエット中なのに買ってしまった。すごくおいしそうに見えたし、私を呼んでいるような気がした

久しぶりに食べた。こんなだったかな、こんなだったのかも。

駅で泣き叫んでいる男の子(4才位)がいた。そんなことはよくあることだけど、寝ころんで「ヨークベニマルにいぎだい~」と暴れ、母親が抱き起こそうとするとまた暴れ、「いぐ」と駅から飛び出した。そばにいたおばあちゃんは「ほんとに行ぐさ」と言い、おじいちゃんはその後を追いかけ、泣き叫ぶ孫を抱えて戻ってきた。ちょうど山形行きの新幹線がホームに入ってきたので「ほら新幹線だ」と言いながら気を紛らわせようとしたが、一瞬その子は新幹線を見たけど、また思い出したように「ヨークベニマルにいぐ」と暴れ出した。駅の近くにあるヨークベニマルの何が気に入ったのかわからないが、この子は母親と関東地方に住んでいる父親のところに帰ることより、帰省した先のヨークベニマルが気に入ってしまったのだった。じじばばもじじばばを慕って「帰りたくない」と暴れているならともかく、人前で大騒ぎをしている孫にさじを投げかけていた。引きずるように改札を抜け、ホームに入ってからも「いやだ、かえんない」をくり返し、泣き叫んでいた。周りにいる私たちも見て見ぬふりをするか笑って見ているしかなかった。昔だったら、「うるさい」と叫ぶこわいオジサンがいたかもしれない。まぁまぁと言いながらお菓子をくれるオバチャンがいたかもしれない。でも今はいない。若い母親は蹴飛ばされながらもその子を押さえていた。私なら気の済むようにヨークベニマルに連れて行っちゃうかな。。。と思っていたら、新幹線が入ってきた。相変わらずその子は叫び続け、母親に抱きかかえられて新幹線に乗り込んだ。私の席の斜め2つ前。このまま叫び続けられたらイヤだなぁと思っていたら、席に着くやピタッと泣きやんだのだった。東京に着くまでその子はヨークベニマルのことは一切言わなかった。さすが母親、そのことがわかっていたから、無理矢理新幹線に乗せたんだねと思った。ファミリー車両、いいかもです、JRさん。

« 第82回大曲全国花火競技大会(3)。 | トップページ | 米沢松島屋のお菓子。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元祖牛肉弁当。:

« 第82回大曲全国花火競技大会(3)。 | トップページ | 米沢松島屋のお菓子。 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング