« 第82回大曲全国花火競技大会。 | トップページ | 第82回大曲全国花火競技大会(3)。 »

2008年8月25日 (月)

第82回大曲全国花火競技大会(2)。

夜花火まで1時間あったので、バスに戻って携帯TVを持ってこようと思った。だってここでこのまま雨に打たれているのも何だし。。。父は待っているというので、仮設トイレの前に何十人も並んでいるのを横目に、ぬかるんでいる河川敷を歩いた。帰る人もいるみたいだった。屋台も冷たい飲み物はまったく売れず、秋田名物ばばへらアイス(おばあちゃんがへらで売っているアイスだと言っていた)も開店休業状態だった。そんな中ぼったくりだと思った座布団も敷物も売り切れていた。添乗員さんが比較的空いていてきれいだと教えてくれた市民会館のトイレに入った。うん、添乗員さんの言うとおり。しかも公共施設は今日のために開放してあった。さすが花火の町。しかもその公共施設が立派な建物だった。これって花火のせいなのかと思ってしまう。でも大曲も市町村合併で大仙市に名前が変わっていた。バスまで行ったけど、運転手さんがいない。仕方がないのでマックスバリューで、何か暖かい物とか役に立ちそうな物を探した。でもホカロンはなかったし、軍手も濡れるだけだしと思った。このお店の前に陣取っている人たちもいた。ここからでも見えるんだよね。地元の人には迷惑な花火大会なのだろうか。ボランティアの人もいっぱいいたから、町を挙げてのイベントなんだよね、きっと。外に出たら、雨が上がっていた。やったぁ。やっぱり神様は見捨てなかったんだと、急いで父のところに戻った。

花火はすばらしかった。競技会なので力が入っている。江ノ島花火大会のフィナーレが27回あるみたいな状態。でも私はよくやることをまたここでもやってしまった。カメラのバッテリー切れ。何でもう1個予備のバッテリーを持ってこなかったのかと。。。大丈夫だと思った、だいたいの感じで。。。仕方がないので、撮るだけ撮ることにした。ピンぼけだろうが、モニターで確認せず、とにかく撮るだけ撮った。途中でピタッと動かなくなってしまった。携帯の充電器と予備のバッテリーはこれから必ず大丈夫かどうか確認をしようと思った。持っていくのは重いから。。。でも写真には撮りきれなかった。実際の方が当然だけど、すごくきれいだった。創造の部の音楽に合わせて花火を打ち上げるのはどうなのかと思っていたけど、結構盛り上がっていた。「水色の雨」なんか八神純子の歌に合わせて、水色の花火が上がり、すごくきれいだった。

途中でまた雨が降ってきた。雨が降ることに比べたら、1時間や2時間、3時間の渋滞など何てことはないと思った。屋根があるし、動かないだけじゃん。もらったプログラムは傘の中で見ていたのに、気がついたらビチョビチョになっていた。雨って悲しい。。。

« 第82回大曲全国花火競技大会。 | トップページ | 第82回大曲全国花火競技大会(3)。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第82回大曲全国花火競技大会(2)。:

« 第82回大曲全国花火競技大会。 | トップページ | 第82回大曲全国花火競技大会(3)。 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング