« ドラマ「ツレがうつになりまして」 | トップページ | 映画「英国王給仕人に乾杯」 »

2009年6月13日 (土)

ラ・マレード・チャヤのマドレーヌ。

これもいただき物。やっぱり最近はマドレーヌって自分では買わないかも。でもラ・マレード・チャヤのマドレーヌはおいしかった。

鳩山邦夫が総務相を辞任した。麻生首相とは朋友だから、苦渋の決断だった?で、今度はお兄ちゃんといっしょに自民党に対抗するの?そもそも辞任の意味がよくわからない。

鳩山邦夫総務相が辞任

鳩山邦夫総務相が辞任した。大臣は日本郵政の西川社長の続投に反対していたが、麻生首相がこの問題で決断。事実上、首相による更迭といわれている。日本郵政の西川善文社長については、かんぽの宿の売却額が不当に安すぎるなどとして、鳩山邦夫総務相や野党がこれを追及。違法性は明らかになっていないが、鳩山総務相は西川社長の続投に反対していた。しかし、郵政民営化を支えた中川秀直元幹事長や菅義偉選対副委員長らがこれに反発。麻生首相の決断が待たれていたところで、今回の鳩山総務相の辞任が明らかになった。ネットには「『友人の友人はアルカイダ』『死刑を自動的に』など、とにかく問題発言の多い人だった」「そもそも民間のやることに口出しすべきではない」と鳩山総務相の辞任を当然と見る意見と、「なぜ大臣を辞任させてまで西川社長続投しなければならないのか」「鳩山邦夫は男を上げた、次期首相に近づいた」と辞任を不当と見る意見があるようだ。背景には郵政民営化賛成派と反対派の戦いがあったといえる西川続投問題。辞任は事実上、首相の決断だったといわれているが、郵政民営化には「賛成ではなかった」麻生首相にとって、苦渋の決断であったことは間違いなさそうだ。(秋井貴彦)

« ドラマ「ツレがうつになりまして」 | トップページ | 映画「英国王給仕人に乾杯」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・マレード・チャヤのマドレーヌ。:

« ドラマ「ツレがうつになりまして」 | トップページ | 映画「英国王給仕人に乾杯」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング