« 「日本人の知らない日本語」 | トップページ | 映画「そして、私たちは愛に帰る」 »

2009年6月 7日 (日)

花園饅頭本店。

昨日新宿文化センターに行く途中に花園神社があった。ずっと昔ここに唐十郎の芝居を見に来たことがあった。テントだった。よく見ると今日もテントがある。これも芝居用なのだろうか。今ならテントの芝居なんか絶対に見る気にならないけど、若かったんだなと思う。ふと見ると向かい側に花園饅頭と書かれた店舗があった。もしかして花園神社の前にあるから花園饅頭?ってことはここが本店信号待ちをしている間引かれるように店内に入ってしまった。さすが老舗の本店、天井が高く店員の態度もよい。「ここが本店ですか?」と聞いたら「はい」と。やっぱり。「ここでしか買えないものって何ですか?」そしたら、栗金つばと上生菓子だって。でも上生菓子ってどこでもすごく高い。「今日の和菓子はこれですか?」と何気に聞いたら「ただ今確認します」って聞かなくてもいいんだけど。そしたら「全種類ございます」って5種類もいらないんだけど。だって1個¥368だし。とりあえず栗金つばと上生菓子3個を買った。ちょっと信号待ちの間に入っただけだったのに。。。これは青梅。すごくきれい。

紫陽花。これも1個¥368。でもきれいだった。

朝露。これもきれいでおいしかった。¥368。

待っている間、麦茶とぬれ甘納豆を出してもらった。さすが老舗の本店。さらに帰りには「よろしかったらお茶菓子に」と最中を2個お土産にいただいた。これって私の中の評価がすごく高くなるんだけど。

敢えて花園饅頭さんに言うことがあるとすれば、入れてもらった箱のホッチキスが大きくて外しづらかったです。今は分別しなきゃいけないので、その辺を考えていただけるとうれしいです。

昨日は「MR.BRAIN」もW杯予選も犠牲にしてフラを見に行った。でもサッカーは10時~だったので、後半を見た。というか見るのを忘れていて、後半の後半だけを見た。はぁ?みたいな審判のジャッジがあり、おもしろかったけど、4年前・12年前の予選に比べれば、出場が決まっても盛り上がりに欠けることは否めない。私が年をとったから?華となる選手がいないから?本大会でもどうせ決勝リーグには行けないから?

« 「日本人の知らない日本語」 | トップページ | 映画「そして、私たちは愛に帰る」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花園饅頭本店。:

« 「日本人の知らない日本語」 | トップページ | 映画「そして、私たちは愛に帰る」 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング