« 「すべての男は消耗品である。VOL.10」 | トップページ | 「赤鼻のセンセイ」第2回。 »

2009年7月16日 (木)

ラメールのマシュマロ。

寒川町にあるラメールのマシュマロ(マンゴ味とフランボワーズ味)。おいしかった。「職場のみなさんで召し上がってください」といただいたもの。職場ですごく好評でした。最近マシュマロに果汁をしみ込ませたギモーブというお菓子が流行みたい。

今日は週1回の整体の日だったので、お尻が痛いと訴えた。そしたらすごくよくマッサージをしてもらい、だいぶ楽になった。腰痛からきているみたいだと言われたけど、確かに腰のあたりが張っているし、圧されると痛い。走らないことが一番の薬みたいだった

「すべての男は消耗品である。VOL.10」に「人妻と機会費用」というのがあった。

結婚している女は、安定の代償として「機会費用」を払っているという指摘がある。機会費用というのは乱暴に言えば「あの金で何が買えたか」みたいな概念で、「Aという労働をしている人は、Bという労働をしていないという損益を被っている」というような経済用語だ。(中略)つまり、Aという男と結婚して得られる利益よりも、他の男と結婚して得られる利益や、働いて得られる利益などのほうが大きいのではないかと多くの既婚女性が考えているということである。

そんなこと当たり前だと思うけど。機会費用ということばは初めて聞いたけど、昔からそういうことは考えていたんじゃないかと思う。別に情報量が増えて誰かと比較するようになったからというよりも。。。

« 「すべての男は消耗品である。VOL.10」 | トップページ | 「赤鼻のセンセイ」第2回。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラメールのマシュマロ。:

» すべての男は消耗品である。[vol.10] [YIELD a DEEP BEAUTY.]
■経済とマスコミを憂慮する展開は、ここ10年変わらない氏の姿勢。ですが、金融恐慌前後を描いた本書は、どこか「笑えない空気」が漂っていました。 [続きを読む]

« 「すべての男は消耗品である。VOL.10」 | トップページ | 「赤鼻のセンセイ」第2回。 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング