« アフタヌーンティーでランチ | トップページ | 中田屋のきんつば »

2011年2月12日 (土)

「サド侯爵夫人」を見た。

「わが友ヒットラー」と2本立て(?)でやっている蜷川舞台。出演者は6人、全員男性で全員女装。そう思えば違和感なし。平幹二朗なんかおばさんにしか見えなかった。生田斗真はかわいくって柏原芳恵みたいだった。で、唯一女性に見えないのがヒガシだった。きれいだけど、男なんだと思う。しかも長台詞は「わが友ヒットラー」と同じように棒読み。平幹二朗の偉大さがわかる。まぁ平幹二朗も昔は大根役者と言われていたような気もするけど。。。

「わが友ヒットラー」に比べたら、衣装はきれいだし、内容もSMの話だし、ちょっと眠くなったけど、最後まで起きていた。何しろバルコニー席の一番前。オペラグラスがなくてもよく見える。エコノミー症候群になりそうなくらい狭かったけど。周りは私も含めジャニオタ。「今日初めて寝なかった」と言っている人や「大阪公演は○○さんと行く」とか、「30年ヒガシのファンってことは、嵐の大野くんは30年経ったら60歳になっちゃう」とか。。。同じ舞台を何回も見るって、筋金入りだね。しかもこの長台詞だけの舞台。最後にはスタンディングオベーションをしている人もいた

午後7時開演、10分休憩が2回あって、終わったのは10時20分。雪で電車が動かなかったらどうしようと思いながら外に出たら、すっかり止んでいた。みんなはここから帰れるところに住んでいるのだろうかと思いながら、10時48分渋谷発の湘南新宿ラインに乗る。

« アフタヌーンティーでランチ | トップページ | 中田屋のきんつば »

コメント

湘南新宿ラインの始発は宇都宮とか籠原とかです。座れましたが、その時間渋谷からだったら、グリーン車でもいいかもです。大人だし

蜷川さんの舞台、一度だけ見たことがあるが余り面白くなかった。その時刻で座れるの?まあ始発駅だから待てばいいのか。混雑度は?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サド侯爵夫人」を見た。:

« アフタヌーンティーでランチ | トップページ | 中田屋のきんつば »

2020年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング