« ミスさんさ2011 | トップページ | 盛岡花月堂のロールケーキ »

2011年8月 6日 (土)

私も踊りました。

8Img_1982月1日3時に美容院を予約しているので、1時からマリオスで舞台演舞を見た後、浴衣とさっきフェザンの着物売り場で買った紫の髪飾りと前に来たときに買ったかわいい髪飾りも持って、美容院へ。私はここ何年か、いやかなり長い間一人の美容師さんにしかやってもらったことがないので、昔からの美容院のような駅前のNANAは、いい意味で刺激的なお店だった。第一全員女性の美容師。ベテランだと思っていた人がやってくれるのかと思ったら、さらに大先生が登場。髪をアップするには中途半端な長さの私の髪にホットカーラーを巻いていく。うわ、髪の毛がくるんとなるのも久しぶり。その髪を逆毛立てていく。そしておびただしい数のピンで止めていく。すげぇ。さっき神奈川からわざわざ来たことを言ったら、「じゃ気合を入れてアップにするわね」と。そしてその大先生は私の持ってきた薄紫の髪飾りを一瞥するや「これ、合わないわね」と。えっだってそれさっき2,900円でそこの着物売り場で買ってきたんだけど。いっしょに探していた女性が「さんさで使うの?そしたら夜薄紫はとてもきれいよ」と言ったので、「じゃ買います」と買ったのに。「これがいいわ」と大先生はお店にあった大きな黄色い花を私の頭にさしたのだった。浴衣は紫なんですけど、黄色ですか。そして前髪にカラーを入れてくれて出来上がり。隣の白髪染めに来ていたおばあちゃんが「とてもすてきよ」と言ってくれたので、そうですかと浴衣の着付けに。。。

「先生の着付けは苦しくないのよ」とベテランだと思えた美容師さんが言う。二人がかりで腰ひもを巻き、帯を巻いていく。こんなのやっぱり一人じゃ無理よね。ここの美容師さんたち、浴衣で踊るとどこが着崩れるかわからないといけないからと4年間さんさに出続けたと言っていた。素晴らしいね。そして大先生はミスさんさに「その髪は誰にやってもらっているの?」と声をかけたらしい。そしたら「自分でやったんです」と。イベントのときは美容師さんがついてくれるけれど、普段は自分でアップするだって。そういえば着物の着付けも自分でできるように練習したらしいから。ミスさんさってホント大変。で、私は帯をちょっとアレンジしてもらって、ベテランの美容師さんが髪飾りのもう一つの方を帯にちょこんとつけてくれて、ちょっとかわいい感じになった。

で、いよいよ本番に向かって集合場所に。ホテルのエレベーターでいっしょになったオジが「踊るんですか?」と聞いてきたので、「はい」と。これから食事会をやって終わったらさんさを見に行くんだって。早くしないと終わっちゃうよ。支援の缶バッジをつけて並ぶ。子どもがいっぱいいて列はぐちゃぐちゃ。思わず私が並べましょうかと思ってしまう。しかも私の横にいた子どもはお母さんといっしょじゃなきゃ踊らないとか言っちゃってるし。

7時にスタート。約1キロをパレードする。やっと踊れるようになったさんさ踊り。踊りたい踊りたいと思っていて、まさか本当に踊れるとは思わなかった。なので精いっぱい踊らせていただきます。グループには記録係がいて、写真を取ってくれる。それを意識してつい振りを間違える。全く私としたことが。どこをどういう風に踊ったのかよくわからなかったけど、踊っていて楽しかった。浴衣だから踊りにくいってことはあったけど、大先生の着付けは素晴らしく、さほど乱れることもなく楽に踊れた。ホントにいい美容院だった。

そういえば、大先生私の髪に仕上がりが気に入ってくれたみたいで、携帯で後ろから写真を撮り、「HPに載せていいかな、顔で出ないし」えっ、はい。「正面からもいいかな。顔は小さくしか映らないからわからないしね」えっ、はい。私、モデル?と思ったけど、今日現在アップされてませんけど。というわけで、後は見るさんさです。

« ミスさんさ2011 | トップページ | 盛岡花月堂のロールケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私も踊りました。:

« ミスさんさ2011 | トップページ | 盛岡花月堂のロールケーキ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング