« 神戸屋レストランのヘーゼルナッツとコーヒーのスコーン | トップページ | めめおやき »

2011年10月22日 (土)

新杵の栗大福

Img_3793

Img_3795

新杵の栗大福¥147。普通の焼大福もおいしいけど、これもおいしかった。そして最近どこでも作り出したかりんとうまんじゅう¥105。ホントはもっと高いみたいだったけど、限定販売だった。皮のすごく硬いかりんとうまんじゅうもあるけど、私はこれぐらいの方が好き。

11月12日の語彙検定を受けるべく、テキストを読んでいたら、天声人語が載っていた。

「アフリカのある部族には、死者を2つに分ける風習があるという。人が死んでも、生前のその人を知っている人が生きているうちは死んだことにならない。生者が心の中に呼び起こすことができるからだ。記憶する人も死に絶えてしまったとき、死者は真に死者になるのだという」 2007年1月21日の天声人語だと書いてあった。そのときは読まなかったかもしれないし、読んでも心に留め置くことはなかったかもしれない。でも今は泣く。

Img_3794

Img_3797

もともとは「赤い鯨と白い蛇」という映画の話だった。

赤い鯨と白い蛇 [DVD] DVD 赤い鯨と白い蛇 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/08/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 神戸屋レストランのヘーゼルナッツとコーヒーのスコーン | トップページ | めめおやき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新杵の栗大福:

« 神戸屋レストランのヘーゼルナッツとコーヒーのスコーン | トップページ | めめおやき »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング