« 平清盛(第3回「源平の御曹司」)の視聴率 | トップページ | 濱うさぎの大福 »

2012年1月23日 (月)

「かもめ食堂」を観た

やっぱり実際にフィンランドに行った後に観ると全然印象が違う。「キートス」ってことばもわかったし、海に近いところにあるレストランと勝手に思っていたけど、そんな描写はどこにもなくて、マーケットや電話をする場所が海の近くだったということだけなんだよね。なのにみんなが勝手に海の近くにあるレストランだと思い込んでいる。不思議。

食器とかテーブルとかがフィンランドだった。今だったらわかるけど、当時はわからなかった。封切りが2006年3月11日と書いてあった。その5年後にあんな大震災があるなんて。

片桐はいりがすごくよかった。あの顔で女優になろうと思ったところがすごいというか、才能。井上陽水の「クレージー・ラブ」も才能を感じる。

« 平清盛(第3回「源平の御曹司」)の視聴率 | トップページ | 濱うさぎの大福 »

コメント

私も最初は「何だ、この映画」と思いました。今でもちょっとそう思っているところはありますが、フィンランドに行ったばかりの私にとっては、すごく身近な納得のいく映画になりました。

かもめ食堂は、初めて観た時は、女子用のイメージPVかよ。っと思ってしまったんだけど、観た後にじわじわ色々なシーンを思い出したり、コーヒーに指で穴をあけたりしてしまって、見直したらよかった。という映画。小林聡美が凛としてていいですね。ああいう人になりたい。なれてない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「かもめ食堂」を観た:

« 平清盛(第3回「源平の御曹司」)の視聴率 | トップページ | 濱うさぎの大福 »

2020年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング