« ふくせんべい2 | トップページ | つる平のぽんつく »

2013年3月19日 (火)

何故か巌流島に・・・

Img_8367門司港駅について海の方に歩いて行ったら、巌流島行きの舟が出るというじゃないの、しかも5分後。しかも10分で。値段は往復で¥600。北九州にはまた来ることがあっても、下関には行くことがあっても、巌流島には今を逃したら絶対に行かないと思ったので、行くことにした。Img_8369

巌流島って無人島で、しかも下関市だなんて、初めて知った。行きの船内アナウンスで、待ちに待った佐々木小次郎が刀のさやを海に捨てたのを見て「小次郎破れたり」と言ったのだと知り、すごく納得。近くには武蔵が乗ってきた舟に似せた舟が置いてあった。Img_8370

島には椿が咲いていた。島には椿が咲くのかな。 Img_8371 Img_8372 Img_8373 Img_8374 Img_8375 Img_8376 Img_8377 Img_8378 Img_8379 Img_8380 Img_8383 

« ふくせんべい2 | トップページ | つる平のぽんつく »

コメント

目視で充分ではないかと・・・

壮絶な戦いですね巌流島は、修学旅行では目視だけでした行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故か巌流島に・・・:

« ふくせんべい2 | トップページ | つる平のぽんつく »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング