« 高野のシュトルーデルアップル | トップページ | 菊野屋のいちご大福 »

2016年3月19日 (土)

いつの間にかお彼岸

Img_5123井本菓子店のおはぎ1個¥140。前から行きたいと思っていたお店。¥410の栗の里も買ってみた。地味な店構えで、おばちゃんが応対してくれた。奥ではご主人と思われる人が、和菓子を作っていた。こぼうあんのあげまんじゅうはないのですか?と聞いたら、お彼岸で朝からおはぎを作っていて、今日は作れなかったと。なので今回はおはぎ4種類を。桜餅も買ったんだった。そんなに1人でどうやって食べるの。http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14046268/

« 高野のシュトルーデルアップル | トップページ | 菊野屋のいちご大福 »

コメント

真田丸、つまらない。長澤まさみは最初からミスキャストだって言ったよね。

俳句も難しいのか。

俳句は短歌より難しい「ただ姉の顔見るだけの寒見舞い」田舎に帰るのはこれに近いか。真田丸は人物の動きが不自然。特に長澤。「海よりの風が知らせる春の距離」

俳句がよかったかな。短歌、難しすぎる。

なんか俳句になりそうな情景。「草もちや日のぬくもりが隠し味」春の気配がする。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にかお彼岸:

« 高野のシュトルーデルアップル | トップページ | 菊野屋のいちご大福 »

2020年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング