2018年1月 3日 (水)

箱根駅伝2018復路

Img_23686区でもう青山学院が、東洋大学を抜き去り、その後はずっと青山学院が首位を独走していた。ある意味つまらなかった。4連覇ということは4年間ずっと優勝していたメンバーが青山学院にはいて、4年間ずっと優勝できなかったメンバーが東洋大学に入るということだよね。でも東洋大学は1年・2年生のメンバーが多かったので来年以降に期待。全日本駅伝で優勝した神奈川大学はシード権も取れなかった。箱根駅伝はまた勝ち方が違うということなんだね。10人の強いメンバーがそろっていないと勝てない。出雲駅伝で優勝した東海大学もがんばったけど、箱根では勝てなかった。昨日1区で並走していたというアンパンマンの自動車、気が付かなかった・・・。もっと集中して見なくっちゃいけなかった。 

2018年1月 2日 (火)

箱根駅伝2018往路

箱根駅伝を朝からずっと見ていた。神奈川大学がもしかすると優勝するのかと思いながら、でも箱根は安定の青山学院かなと思っていたら、1区から東洋大学が先頭を独占していた。東洋大学の酒井監督を応援しているので、3年振りの往路優勝ができてよかった。復路は青山学院が有利だと言われているので、明日もがんばって欲しい。今日も5区で追いつかれそうになりながら、青学の選手がまさかの痙攣かなんかで、追いつけなかったのは東洋大にツキがあったということかも。山梨学院も応援しているので、上田監督の息子のラストランの5区で3位も順位を落としたのは気の毒。お前だけの箱根駅伝じゃないんだからがんばれと父親の上田監督が言っていた。神奈川大学も途中は区間新を出す選手もいて、よかったんだけど、最後は何とかゴールしてタスキをつないだという感じだった。何があるかわからない箱根駅伝、明日も朝から見る。

Img_2357
双子のゆで卵。

2017年12月 4日 (月)

福岡国際マラソンの大迫傑選手

Img_2278昨日私が湘南国際マラソン疾走中に行われた福岡国際マラソンで、早稲田大出身の大迫傑選手が、歴代5位の記録で3位になっていた。箱根駅伝出身の選手はその後活躍できないという噂を払拭してくれた感がある。東京オリンピックを目指して、がんばって欲しい。

それにしても取り合えず昨日は完走できてよかった。同僚の走っている人も見に来たみたいで、すごく楽しそうだから、来年は参加を考えてみるって言ってくれたし。でも走っている本人は全然楽しくないけどとは言っておいたけど。昨日鉛筆の着ぐるみを着た人とドラえもんの人は見たと言うので、私はその二人の近くで走っていたと言ったら、でもわかんなかったと。そうですよね。1万9千人も走ってるんだから、偶然見つけるのは限りなく不可能に近い。

うどん、昨日走った後に食べた。

2017年11月11日 (土)

羽生結弦選手、NHN杯欠場。

C27b30db03054e688ca33d8245ee2fc1 GPファイナルにも出られないんだって。平昌オリンピックは大丈夫かな。滑らなくて泣いてたって、つらすぎる。

 

2017年9月30日 (土)

シトルリン

Img_1986シトルリン「なりたい身体になるために」って書いてあったから、買っちゃったじゃないの。ランニングにもいいようなことも書いてあった。わらにもすがる思い。¥700って安いと思ったけど、ドラックストアにあったら、買わないかも。ネットだとつい買っちゃうのは、乗せられやすいからだよね。気をつけなきゃ。

今日は私立学校の文化祭に行き、近くの小学校の運動会に。知っている人にいっぱい会った。あまり乗らないバスに乗ったら、中乗りなのにドアが開かないので、開いている前のドアに行ったら、運転手さんに「こちらは下りる方専用です」と言われ「降りる方がいらっしゃるので少々お待ちください」と。そうか真ん中のドアを先にあけちゃうとそのドアから降りてしまう人がいるということなのね。仕組みがわからないと焦る。外国の人はわからないよね。というか私のような語学が苦手な人に限るけど。
 

2017年9月 1日 (金)

オーストラリアに勝った

勝つつもりで行ったから、埼玉スタジアムに。W杯予選で一度も勝ったことのない相手オーストラリアだから、よくてドローとみんなは言っていたけど、勝ったから。しかもオーストラリアは、自力出場がなくなったらしい。何でそんなことに。カテゴリー4のほとんど天井席で見ていたけど、オーストラリアがずっとボールを回していて、思わずその軌道を目で追ってしまう。策がないような、凡庸な試合に見えたけど、おもしろい試合だったのかな。前半に浅野選手が得点し、もしかしてこのまま勝つのかと思ったが、一度も勝ったことのないオーストラリアだから何が起きるかわからない油断しちゃいけないと気を引き締めた。そしたら後半にも中田英寿似の井手口選手が得点し、まさかの2点目が入り、このまま勝つかもしれないと思った。オーストラリアにも策がないように見えた。そして終了のホイッスルが鳴った瞬間「W杯出場が決定しました」というアナウンスに狂喜乱舞しながら、「帰ろう!!」と隣の友人に言った。だって家は遠い。しかも翌日は仕事。浦和美園駅は混みだすと入場規制をする。だから一刻も早く帰ろう。というわけで、インタビューもその後のイベントも見ず、一目散で駅へ。おかげで途中までずっと座って来れた。家に着いたのは日付が変わってからだったけど、勝ったし、W杯出場も決まったし、ちょっと興奮状態だった。勝って本当によかった。

2017年8月23日 (水)

広陵の中村選手

ホームラン記録を塗り替えたというから注目して見たら、清原選手とはイメージが全然違うさわやかな高校生ではないの。残念ながら優勝はできなかったけど、優勝できなかったチームの方が記憶に残ることもあるし。母子家庭で育ったと言っていたけど、お母さんにとって自慢の息子。どうか間違った方向に行きませんようにと祈らずにはいられない。プロ野球にいっても活躍して欲しい。

2017年4月10日 (月)

真央ちゃん引退するんだって。

何でこの時期にって思うけど、もう勝てないって思ったのかな。もう一度華麗なスケートを見たかったから、見れるって信じていたから、とても残念。精神的にも技術的にも羽生結弦みたいな選手が出てくるとかなわない。あの何日か足りなくて最初のオリンピックに出れないときから見ていた私たちとしては、そこからオリンピックの神様に見放されちゃったのかなって思わないわけではない。でも忘れない、真央ちゃんのこと。

2017年3月29日 (水)

W杯最終予選VSタイ

Img_0679 日本代表の応援に埼玉スタジアムに行ってきた。相手はニックンの母国タイ。しかも席はそのタイの応援席近く。タイはサッカーにお金をかけ、W杯出場を目標にしていた。残念ながら最下位で、出場は絶望的だけど。
いくらニックンの母国でもサッカーは、日本を応援する。相手が韓国でも。むしろ韓国には何が何でも勝ってほしいと思うぐらい・・・。タイには快勝するはず、できたら本田選手のゴールを観たいと思ったけど、今日も本田選手は途中出場するもいいところがなく終わり、残念。てかネットではぼろくそに言われていた。とりあえず勝ってよかった。川島のセーブに救われた場面がいくつか。タイの選手の礼儀正しさが賞賛されていたけど、帰り道が遠いので、試合終了とともに会場を出たので、見ていない。

2017年3月 9日 (木)

日刊スポーツ山田選手のコメント

WBCキューバ戦で、グローブで山田選手の打球を取っちゃた少年に向けたコメントを出した。いつか野球選手になって、あんなこともあったと言ってくれたらいい。
 前日7日のキューバ戦。同点の4回2死二塁だった。山田の捉えた打球は左翼席に向かった。だが、スタンド最前列で観戦していた男子中学生がとっさにグラブを出してキャッチしてしまった。“捕球位置”が外野フェンスより前だったため、リプレー検証へ。勝ち越し2ランは二塁打と判定された。ざわついていたが、山田は集中していた。何が起きていたのか理解したのは、試合後だった。
 喜びにわくロッカー室で着替えているときだった。何となく無音のテレビに目をやると、あのシーンが流れていた。手が止まった。目に入ったのは捕球直後に大喜びする、丸刈り頭。「グラブを持って来てくれたんだから、野球少年なんでしょうね」。責める気持ちなど、わくはずがなかった。
 そしてこの日の朝、歯を磨きながら、ふと、丸刈り頭のことが気になった。スマートフォンを手に取った。「うつろな表情で、フードをかぶったまま。青ざめていた」とあった。落ち込んでいると知った。だから、伝えたかった。「僕は全然気にしてない。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい」。絶対に打ちたかった。
 それだけではない。侍ジャパンの試合に、グラブを持って来た少年だ。「これも何かの縁だし、将来プロ野球選手になって、一緒に『あんなことがあったね』と懐かしい話ができるように頑張ってほしい。僕も完璧な本塁打を打てるように頑張ります」。山田から少年へ。幻弾は、それ以上の価値を生んだ。【池本泰尚】

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング