2019年4月15日 (月)

今日は宝塚を見ました

Img_4590_1

4Kテレビをずっと見ていたい。今日は宝塚すみれ組の舞台を見た。昔1回だけ舞台を観に行ったことがあったけど、ハマらなかった。でも好きになる人の気持ちはわかる。名曲アルバムも見た。「トスカ」は悲しすぎる話で、そんなストーリーなら舞台を観てみたいものだと思った。警視総監が恋人の命と引き換えにトスカの貞操を奪おうとしたなんて、ひどすぎる。私は何も悪いことをしていないのに、毎日神に祈りを捧げているのにと歌う。そしてその憎き警視総監を殺してしまい、嘘に気づいたトスカは川に身を投げてしまう…。考えられない話だ。4K、勉強になる。

シチリアのお土産にもらったレモン果汁。

2019年4月14日 (日)

4Kきれい

Img_4584_1

今NHK4kで「ムーミン」をやっているんだけど、すごくきれいで思わず見ちゃう。「ムーミン」が見れたら、どんな番組でも見れそうな気がする。さっきも「題名のない音楽会」4K版を見てしまった。ランランさんというピアニストが出ていた。「エリーゼのために」は優れた曲だと言っていた。思わずピアノの練習をしようと思ってしまった私。ああ、家にこもっちゃうかも。

昨日のフジテレビNEXTのニックンソロも4Kじゃないけど、きれいだった。ニックンってビジュアルは完璧なんだと思えた。ただダンスがね…、歌がね…。タイにはアイドルがいなかった。だからアイドルではなく、楽器を演奏するミュージシャンにはなりたかったみたいなことを言っていた。野獣アイドルの2PMと自分がやりたい音楽には、だからギャップがあったのだと。今回のソロコンでは2PMのツアーのソロとは違うコンセプトにしたかったと言っていた。多分私が求めているものとニックンが目指しているものは違うのだと確信。でもまぁ2PMに戻ったら、私が求めているものをやってくれるのだからいいか。一番好きな曲は「HEARTBEART」「想像してみて」「離れていても」…と言っていた。「離れていても」と同位の曲がもう1曲あったけど、私のよく知らない曲だったと思う。インタビューの場面が多い番組だった。いいんだけど、それで。

2019年4月13日 (土)

4Kテレビになった

Img_4589_1

CATVの人が来てくれて、4Kチューナーに変えてくれた。その後NHKの日光を2時間で見るという4K番組を見た。2時間「きれいきれい」と言いながら、普通なら絶対見ない番組だと思うけど、見続けた。10連休これで終わるかも。心なしか地上波もBSもきれいになったような気がする。ただこのためにだけ契約したフジテレビNEXTのニックンソロは本体に録画され、CDやブルーレイにやけなくなった。まぁいいか。そう言えばニックンソロ、DVDやブルーレイになっていない。何で?それでまたイベントをして、集金活動をやるんじゃなかったのか。CATVの人がいい人だったので、このエナジードリンクをもらってもらった。駅でもらったものですけど。

2019年3月31日 (日)

映画「ふたりの女王メアリーとエリザベス」

日曜日の朝9:00~上映ってつらかったけど、おもしろかった映画「ふたりの女王メアリーとエリザベス」。イングランドとスコットランドに2人の女王がいたという話。本当に男はバカだと(バカじゃない人もたくさんいますが)思えるし、女は若くて美しいから幸せになれるというわけではないという教訓になった。今更そんな教訓もいらないけど。

2019年3月17日 (日)

映画「グリーンブック」

りんご酢を買いに行くついでに観た映画「グリーンブック」。アカデミー賞作品賞をもらった映画。いい映画だった。そしてアメリカはたった57年前まで黒人を差別していた国だったと再認識。レストランにも入れず、泊るところも別、トイレも別だった。映画が始まって間もなく、また寝そうになったけど、今日はすぐ覚醒した。

2019年3月16日 (土)

映画「翔んで埼玉」

おもしろそうだったので観に行った映画「翔んで埼玉」。若者向きの映画だったのか、最初に爆睡してしまったらしく、すぐに映画は終わった。エンディングのはなわの歌はおもしろかった。

2019年3月10日 (日)

ドキュメンタリー映画「福島は語る」

Img_4431明後日は東日本大震災から8年目の日だから、ドキュメンタリー映画「福島は語る」を観た。上映時間3時間、その後監督と映画の中に出てきた小野寺陽子さんという小学校教諭の舞台挨拶があった。福島は何度かボランティアで行ったからわかるけど、国の政策で安全ではないのに避難解除をしている
と思える

風評被害を受けている農家の人や震災のせいで子どもを失くしたお父さんや避難先で「お金もらっているんでしょ」と言われて病気になった人や川崎に避難しているために、
福島の人から「逃げた」と言われているお母さんが出てくる。みんなお金は要らないから、あのときの生活を返して欲しいという。そして小学校教諭小野寺さんが教え子だった中学生を3人亡くして言った「小学校の担任だった私が50m泳げるようにしてあげていれば、あの子たちは助かったかもしれない」ということばに涙が出た。毎年3月11日は年休を取って、避難している会津若松の学校にはいないのだそう。その時間になると黙とうをするからだと。私たちは忘れられないのに、大震災を忘れないようにと黙とうをさせるのだと。そして帰宅困難地区から避難してきた子どもたちはどこから来たから言わないのだと言う。何でもないときは仲よくしてしてくれるけれど、喧嘩すると「放射能がうつる」とか「それも私たちの税金でもらったお金で買ったの?」とか言われるらしい。横浜に避難してきた子が「お金をもらっているんだろう」と脅されてお金をとられていたという事件があったと監督が言った。そうだった、神奈川県民として謝りたい。

パンフレットにサインしますと言われたので、その列に並んだ。小野寺さんに話をしたかったけど、人見知りだし・・・。そしたら小野寺さんから「観に来てくれてありがとうございます」と言ってくれたので、私も「50m泳げるようにしてあげていれば・・・というところで涙が出ました」と言うことができた。「本当に泳げなかったんですよ、あの子たち」と・・・。チラシを何枚かもらってきたので、月曜日にみんなに紹介しようと思った。

2019年3月 2日 (土)

韓国映画「金子文子と朴烈」

韓国映画「金子文子と朴烈」を観た。奇しくも昨日は3・1独立運動の日、誰に観せるために作られた映画なのかと思った。関東大震災のときの東京、井戸に毒を入れたと朝鮮人を惨殺した日本人。15円50銭と言ってみろと朝鮮人を探し出した。本当にごめんなさい。多くは韓国の俳優さんたちなので、やっぱり発音は気になるけど、こんな関係が悪い中大勢の人が観に来ていて、感想を聞いてみたいと思った。中に一部常識的な日本人がいたことだけが救いのような、愛した男といっしょに死ねるなら本望と言い切る金子文子がうらやましいような映画だった。

2019年2月10日 (日)

韓国映画「バーニング」

久しぶりに韓国映画を見た。「バーニング」。原作村上春樹って、何で韓国で映画化なんだろう。助演の女優は橋本愛似、同じく助演の俳優は萩原聖人似だった。割と人が入っていて、村上春樹ファンなのかと思った。悪くないけど、すごく感動するわけではない。この後新橋から渋谷までバスで移動してみた。都営バスは多分¥200均一で、時間はかかるけど、普段見られない景色が見られてよかった。例えば六本木ヒルズとか。

2019年1月13日 (日)

PURODUCE48最終回

最後だから最後まで見たかったのに、途中で寝落ちした。8位のカン・ヘウォンまで見て、あとは記憶がない。明日朝から再放送がある。3時間半ぐらい放送しているから、出かけられないじゃん午前中。デビューできる12人と落ちる8人と。上位にいた日本人は3人しかデビューできなかったわけだから、みんな票が集まらなかったのよね。本当に悔しかったと思う。でもこれからデビューする12人もみんなアイドルになりたい人たちばかりだから、喧嘩したり、ねたんだり、意地悪したりするんだろうなと思うと、女子のコミュニケーションも難しいし、二度とめんどくさい関係を築きたくないと思う。2年半仲よく楽しく活動して欲しい、IZONE

より以前の記事一覧

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング