2017年5月 7日 (日)

弘兼憲史著「弘兼流60歳からの手ぶら人生」

Img_0991この方、柴門ふみの旦那で、「課長島耕作」を描いている人ですよね。だからちょっと気になって購入してしまった本。でも度重なる浮気で家庭は崩壊しているらしい。そんな人にあれこれ人生を指南されたくなかった。何で買っちゃったんだろう。私も身辺整理しようと思ったから。本も捨てようかなと思ったから。

2017年5月 6日 (土)

「夫のちんぽが入らない」を読んだ

Img_0976 朝日新聞のオトナの保健室で紹介されていた、こだま著「夫のちんぽが入らない」という本を読んだ。¥7,020円分買った本の中で一番読みたかった本。年齢のせいでなのか、草食系のせいでなのか、わかるようなわからない内容で、興味があった。ちょっと前に紹介されていたから、見つけられるかどうか心配だった。なんせ題名が題名だから、店員さんに聞くわけにはいかない。が、そう苦労することもなく見つかった。一気に読んだ。すごく共感するところがあった。それは夫のちんぽが入らないところではなく、生きにくさとかにだったけど。途中からこれは小説なのかと思った。職業が小学校の先生だったから、こんなこと書いちゃっていいのかなと思った。学級崩壊したことや自分や夫が精神的に追い詰められることが赤裸々に描かれていた。いいのかな、ペンネームだし、今は辞めているし。

2017年1月 9日 (月)

「おしりを鍛えると一生歩ける!」

Img_0307_2久しぶりに本を買った。「おしりを鍛えると一生歩ける!」という本。ずっとおしりが痛いから、鍛えるといいのかなって思って。痛いおしりにむち打って、トレーニングしています。効果あるかな。

2016年11月21日 (月)

角田光代著「中年体育」

Img_6686題名に惹かれて買った角田光代著「中年体育」。マラソンのタイムが変わらないこととか、歩いちゃおうかなと思って、つい歩いてしまうこととか、平地になっても走らなくてもいいんだと思う気持ちとか、共感することが多すぎる。そしてグリーンスムージーは、小松菜とバナナとりんごと水を入れて作っている。苦いんじゃないか、おいしくないんじゃないかと思っていたけど、これが結構おいしくて、毎日飲んでいる。果物は熟したもの、グリーン野菜は何でもいいけど旬のもの、果物と野菜の割合は6:4で、甘いものとすっぱいものと苦いものの組み合わせがいいらしい。

2016年8月28日 (日)

Hanako「ふらたびソウルへ。」

Img_6244右上に「2PMニックン&ウヨンとアート散歩」と書いてあるHanako。¥580。いつかソウルに行くことがあるだろうか・・・。

表紙はチャンソンかと思ったけど、まさかそんなことはない。

2016年5月15日 (日)

朴一「僕たちのヒーローはみんな在日だった」

41luuqjbiel__sx342_bo1204203200_韓国語をいっしょに習っているメンバーが貸してくれた本。ヒーローって和田アキ子とか美空ひばりとか都はるみとか、張本勲とか力道山とか?力道山の奥さんのインタビューのところはおもしろかった。力道山って若くして、えっそんなことでということで亡くなったんだね。伊原剛も?体育の先生になりたかったけど、なるためには日本国籍が必要だったから、役者になったって。その方が今ならよかったと思える。

今日の「真田丸」竹内結子の茶々が悲しすぎる。わがままな茶々なのに、竹内結子がいい味を出していた。秀吉も鈴木京香のねねも。加藤清正が九州に行かされ、やがて朝鮮に行くことになると言っていた。加藤清正役の俳優、夏帆と噂になっている人だよね。がんばれー。

2016年4月14日 (木)

バイラ5月号を購入

Img_5384ニックンは「ツアーが終わったら、僕は日本に来ます」と言っていた。何しに来るの?ゴルフ?だったら練習しておくけど。それともファンの皆さんとファンミ?温泉ツアーがいいな。

2016年3月 6日 (日)

内舘牧子著「終わった人」

Img_5039内舘牧子著「終わった人」(¥1,600+税)を読んだ。この花束を持ったおじさんが盛岡出身なので、石川啄木の短歌と、さんさとサケが出てくる。身につまされるような話だった。もちろん岩木山と石割桜も出てくる。

2016年2月16日 (火)

井上荒野著「ママがやった」

Img_4969久しぶりに井上荒野著「ママがやった」という単行本を買った。先週の朝日新聞日曜版書評コーナーで紹介されていた本。おもしろかったけど、そんなにそんなにおもしろくはない。びっくりしたのはこの人の父親が井上光晴だったということ。

2016年2月10日 (水)

AERA買いました

Img_4936駅前の大きな書店で探したら見つからず、店員さんに尋ねたら、売りきれですと言われた。AERAって売りきれるんだ。駅ビルの小さな本屋さんで「AERAは売りきれですか?」と聞いたら、「こちらにあります」と。何だ、売り切れてないじゃん。で、件の「大丈夫ですはYESかNOか」はそんにおもしろい記事ではなかった。要するに若者が「結構です」「いりません」と言うときついから、NOという意味で使っているらしい。いや普通にNOと言ってくれていいんだけど。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング